社交ダンスの歴史

引き続き、社交ダンスの歴史も調べてみました。

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歴史
起源はヨーロッパ宮廷の舞踏会である。西洋においては社交界に必須のものとして発達してきた。現在のスタンダードに相当するスタイル(モダンダンス)はイギリスで大成された。20世紀になって、ラテンの種目も加わるようになった。

近代日本でも欧米に習い、鹿鳴館時代に上流階級の間に社交ダンスが導入された。しかし一般人が社交ダンスを楽しむようになるのは、都市にダンスホールが開設される、大正時代末以降のことである。第二次世界大戦後、進駐軍向けにダンスホールが多数開かれた。また、若い男女の出会いの場として社交ダンスを行うダンスパーティーが流行するようになった。

次第にディスコなど自由な踊りにおされ、社交ダンスは古臭いと見られる状況になったが、映画「Shall we ダンス?」のヒットなどをきっかけに見直されつつある。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22135929

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。