ブレイクダンスの特徴

引き続いて、ブレイクダンスの特徴を調べてみました。

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

特徴

ブレイクダンスは主にエントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズの四つの構成になっている。エントリーとは立ち踊りのことで、これは比較的他のジャンルのストリートダンスに近いものである。ブロンクスステップ、トップロック、アップロックなどのエントリーがある。フットワークとはかがんだ状態で素早く足を動かし相手を翻弄する動きで、六歩、五歩、三歩、ロックなどが挙げられる。パワームーブは一番他のダンスに比べて特徴的な動きで、倒立しながら跳ねたりバック宙をしたり頭で回ったりと非常にたくさんの種類がある。代表的なものを挙げると、頭で回転するヘッドスピン、背中と肘で回るウインドミル、座った状態でバク転するアラビアン(マカコ)、倒立の状態で跳ねるラビット、片手倒立の状態で回る1990、腕だけで回るエアートラックスなどが挙げられる。フリーズも普通のダンスとは異なった動きで片手で倒立するマックス、ジョーダン、Wジョーダン、頭と両手で体を横にして止まるチェアフリーズ、倒立して肩をはめて止まるハローバックなどがある。

ブレイクダンスには2種類の踊り方があり、ダンサー(ブレイカー)は主にスタイラーとパワームーバーに分けられる。スタイラーとはステップ、フットワークに重点を置き、技はマックスなどのフリーズを主とする。パワームーバーはパワームーブ、特に回転したり動き続ける技(ウインドミルやヘッドスピンなど)を中心として踊る。

****************************************::
おぉ、4つの構成があるなんてはじめて知りました!!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。