競技ダンス:ラテン:チャチャチャ

チャチャチャに関しての情報お待ちしております!!
※コメントに書き込んでいただければ、随時更新していきます!!
こちらに詳しくのっています

競技ダンス:ラテン:ルンバ

競技ダンスラテンの、ルンバに関してですが、綴りによって違うんですね。
知りませんでした

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ルンバ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
ルンバ(R(h)umba)とはキューバのアフリカ系住民の間から生まれたラテン音楽であり、リズム名でもあり、ダンス名でもある。後述する通り、キューバ元来のルンバと、1930年代以降ザビア・クガート楽団によりアメリカを中心に世界中に広まったとされるルンバは別物であるため、ルンバと言う用語の使用には注意が必要である。 社交ダンスで踊られる項目の一つにもルンバがあるが、こちらもキューバで踊られるルンバとは全く別物。

踊りのルンバにはスクエア・ルンバとキューバン・ルンバがあり、前者の方が少しテンポが速め。

競技ダンス:スタンダード:ヴェニーズワルツ

ヴェニーズワルツに関しての情報お待ちしております!!
※コメントに書き込んでいただければ、随時更新していきます!!

こちらに詳しくのっています

競技ダンス:スタンダード:スローフォックストロット スローフォックストロット

スロー・フォックストロットに関しての情報お待ちしております!!
※コメントに書き込んでいただければ、随時更新していきます!!

こちらに詳しくのっています

競技ダンス:スタンダード:クイックステップ

クイックステップに関しての情報お待ちしております!!
※コメントに書き込んでいただければ、随時更新していきます!!

こちらに詳しくのっています

競技ダンス:スタンダード:タンゴ

競技ダンスのスタンダード、タンゴに関してです。

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タンゴ

ブエノスアイレス街頭でのタンゴの見せ物タンゴはアルゼンチン・ブエノスアイレスやウルグアイのダンスおよび音楽。

概要
ポピュラー音楽及びダンスの一形態で、ミロンガなど複数の音楽が混ざり合って19世紀半ばにブエノスアイレス近辺で生まれたとされる。

日本では、タンゴがヨーロッパに渡って変化したものをコンチネンタル・タンゴ(コンチネンタル=大陸の=ヨーロッパの)ないし「ヨーロッパ・タンゴ」と呼び、それに対して元来のものをアルゼンチン・タンゴと呼んで区別することがある。なお、フラメンコの一種に同名のタンゴ(敢えて区別するためにタンゴ・フラメンコとも呼ばれる)があるが、全く別のものである。

リズムの特徴
全般的に鋭いスタカートを多用する。2/4拍子ないし4/8拍子で、後年4/4拍子でも書かれる。以下4/4拍子で説明する。

第一拍のアウフタクトに深い「溜め」をおく。
第一拍、第三拍に強烈なスタカートをおく。これを徹底するとオスバルド・プグリエーセの『ラ・ジュンバ』になる。
アバネラ(Habanera)のリズムも用いられる。
これらを滑らかにスピードアップすると、アストル・ピアソラの3, 3, 2のリズムに違和感なく到達する。
このように強靱なリズム体の上に、ロマンティックな、時としてメランコリックな主旋律が泣くのがタンゴの魅力である。

アルゼンチン・タンゴの演奏形態
バンドネオンが用いられる事が特徴である。また、非常に鋭いスタカートでリズムを刻むにも関わらず打楽器を欠く。

オルケスタティピカ(バイオリン(1人以上)、バンドネオン(1人以上)、ピアノ、コントラバス)「標準編成の楽団」の意。
キンテート(バイオリン、バンドネオン、ピアノ、コントラバス、ギター各1)「五重奏団」の意。
アストル・ピアソラの作品のように、クラシック音楽の演奏家により、クラシック音楽のスタイルで演奏されるものもある。

コンチネンタル・タンゴの演奏形態
バンドネオンの代わりにアコーディオンが用いられることが多く、楽器編成も通常のポピュラー音楽での管弦楽編成に近い。ムード音楽的演奏から、マランドのように歯切れの良いリズムを重視したアルゼンチンスタイルに近い演奏までさまざまである。

ダンスの歴史
タンゴは、今から約130年前に、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの港町ラ・ボカ地区から始まった。スペインやイタリアからの貧しい移民のフラストレーションのはけ口として酒場で、日頃の不満を歌にし、単身赴任の男性達が酒場で荒々しく男性同士で踊ったのがタンゴの始まりと言われる。その後、娼婦を相手に踊られるようになり、男女で踊る形式が確立されたといわれる。

1910年、「エル・カチャファス」が最初のタンゴ学校を開く。後にカチャファスは、アメリカやヨーロッパに渡りタンゴの普及に努めた。
同時期、アルゼンチン上流階層の芸術家によりヨーロッパに紹介、カトリック教会が禁止令を出さねばならぬほどパリで大流行。
1917年頃、“タンゴの神様”と言われる歌手「カルロス・ガルデル」ブエノスアイレスに現れる。
1920年代、踊りのためのタンゴバンド大人気(代表的指揮者:ダリエンソ)。
1940年代、アルゼンチン経済繁栄、タンゴ黄金時代。ペロン大統領の労働者保護政策で大衆化。
1950年代、日本でもタンゴ流行、国内に20を超えるタンゴバンドが存在。
「アストル・ピアソラ」がクラシックやジャズ等の音楽分野でタンゴを紹介(代表作品:リベルタンゴ)。
タンゴとバレエを組み合わせた「タンゴアルヘンティーノ」誕生。
ブロードウェイで「ファアエバータンゴ」が成功。

作曲家
アストル・ピアソラ
フアン・フィリベルト
カルロス・ガルデル
ロベルト・フィルポ
オスバルド・プグリエーセ

演奏家
アストル・ピアソラ
フランシスコ・カナロ
ファン・ダリエンソ
オスバルド・プグリエーセ
藤沢嵐子
早川真平
オルケスタ・ティピカ東京
マランド楽団
アルフレッド・ハウゼ
小松亮太
ザ・タンギスツ
レオポルド・フェデリコ

作品
ラ・クンパルシータ
カミニート
想いの届く日
ミロンガ・センチメンタル
バンドネオンの嘆き
エル・チョクロ
ジーラ・ジーラ
ウノ
アディオス・ムチャーチョス
さらば草原よ
パリのカナロ
アディオス・ノニーノ
夜明け

競技ダンス:スタンダード:ワルツ

競技ダンスのスタンダードより、まずは、ワルツです。

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワルツ
移動: ナビゲーション, 検索
ワルツ(Waltz,Valse.円舞曲と訳される)とはテンポの良い淡々とした舞曲、及びそれに合わせて踊るダンスのことである。ドイツ起源で、ドイツ舞曲、レントラーなどを元に19世紀初頭に成立したといわれる(言葉自体はフランス起源という説もある)。 ほかに、3拍子の曲にワルツの名前を付けることもある(例:水色のワルツ、月影のワルツ)。

舞曲としてのそれは3拍子であるのが一般的であり、特にピアノによる曲が有名である(なおショパンの一連の作品は、どちらかというと舞曲としてではなく演奏会用のものである)。

また、ヨハン・シュトラウス一家によるウィンナワルツは、オーケストラで演奏される、演奏会用の作品として有名である。

主な作曲家と作品
(生年順に並べてある)

1804.ヨハン・シュトラウス - ウィンナワルツの項を参照
1810.ショパン - 華麗なる大円舞曲、子犬のワルツなど
1837.ワルトトイフェル - スケーターズワルツなど
1840.チャイコフスキー - 交響曲第5番の第3楽章、くるみ割り人形より花の1875.ワルツ
ラヴェル - 高雅で感傷的なワルツ、ラ・ヴァルスなど

競技ダンスには、10種類あります。

社交ダンスを調べてる中で出てきました。
競技ダンスには10種類あるようです。

下記調査もとの引用です。

1つ1つ、取り上げていきたいと思います。

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

競技ダンスには、スタンダード5種目(ワルツ、タンゴ、クイックステップ、スローフォックストロット、ヴェニーズワルツ)とラテン5種目(ルンバ、チャチャチャ、サンバ、ジャイブ、パソ・ドブレ)の計10種目があり、総じてテン・ダンスと称される。スタンダードでは、男性は燕尾服、女性はドレスで踊るのが正式である。

社交ダンスの歴史

引き続き、社交ダンスの歴史も調べてみました。

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

歴史
起源はヨーロッパ宮廷の舞踏会である。西洋においては社交界に必須のものとして発達してきた。現在のスタンダードに相当するスタイル(モダンダンス)はイギリスで大成された。20世紀になって、ラテンの種目も加わるようになった。

近代日本でも欧米に習い、鹿鳴館時代に上流階級の間に社交ダンスが導入された。しかし一般人が社交ダンスを楽しむようになるのは、都市にダンスホールが開設される、大正時代末以降のことである。第二次世界大戦後、進駐軍向けにダンスホールが多数開かれた。また、若い男女の出会いの場として社交ダンスを行うダンスパーティーが流行するようになった。

次第にディスコなど自由な踊りにおされ、社交ダンスは古臭いと見られる状況になったが、映画「Shall we ダンス?」のヒットなどをきっかけに見直されつつある。

社交ダンスとは?

社交ダンスに関して調べてみました。

このページは、ウィキペディアより転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDL のライセンスが適応され、保護されています。
ウィキペディアはこちら
GFDL のライセンスはこちら


社交ダンス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
社交ダンス(しゃこうダンス)は、男女のペアが楽曲にあわせ、一定の型に従って踊るダンス。競技ダンスとパーティダンスがある。

競技ダンスには、スタンダード5種目(ワルツ、タンゴ、クイックステップ、スローフォックストロット、ヴェニーズワルツ)とラテン5種目(ルンバ、チャチャチャ、サンバ、ジャイブ、パソ・ドブレ)の計10種目があり、総じてテン・ダンスと称される。スタンダードでは、男性は燕尾服、女性はドレスで踊るのが正式である。

社交ダンスの歴史に関しては、こちら

相互リンク募集中です!!

当サイトでは、相互リンク先を募集しております。
当サイトでは、左サイドに、相互リンクさせて頂きます。

希望の方はコメントよろしくお願いします。

貴サイトへ伺わせていただきます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。